©Plug-in by

ISHIYA

Author:ISHIYA










FC2Ad

  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 靖国 

先日映画靖国を観て来ました。

映画館前には警察の警備。
チケットは満員御礼完売でした。

俺も14時頃行ったのですが、最終上映の席しか買えませんでした。

この映画は反日と言われていましたが、そんな風には感じませんでした。

靖国神社の御神体は靖国刀と言う刀だそうです。
それを作っているおじいさんが居るのですが、
その方の手がもの凄くイイ手をしていました。

靖国へ参拝する人の言う事もわかります。
しかし、神社参拝の仕方も間違ってる方がほとんどですので、
あれじゃあ......ねぇ。
唯一、ポスターになってる人達がちゃんと参拝していました。

中国、台湾、韓国の反対の方々の言い分もわかります。
そりゃ、戦争に参加させられ、勝手に日本人でもないのに靖国に祀られたら
「帰せ」って当たり前です。
しかし、感情的部分が大き過ぎて神道への誤解がありました。
わかりますが、それは違います。

戦後60年以上経つのに、戦中の教育?のままの人達が居ると言うのは
ある意味スゴいとも思いました。

しかし、双方とも犠牲者なのに、まだ争っているのがもの凄く小さく思えました。

そうして争う事により、喜ぶのは誰なのでしょう?
その争いが拡大して行き犠牲になるのは誰なのでしょう?

小さな事に固執し、争う事で生まれるのは何なのでしょうね?

日本は争わないって事を発信出来る国だと思うんですがね。
まぁ、このへんで。

それでは、また。



[2008/05/09 13:23] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。