©Plug-in by

ISHIYA

Author:ISHIYA










FC2Ad

  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西成その後 

7/5土曜日に大阪西成の三角公園にて、今回の事件への抗議集会が行なわれるみたいです。

参加される場合は十分に気を付けてご参加下さい。
警察のやり方は前回の日記に書いた通りです。

前科のある方は、それを理由にされます。
写真などは許可を得ていないと連行の可能性大です。

「大阪府警・西成署の暴力を許さない!逮捕者を返せ!7.5
緊急集会」7月5日
〔土〕午後3時~、釜ヶ崎・三角公園にて、
お問い合わせ・O6‐6647‐8278
 E‐Mail:iryouren@air.ocn.ne.jp 釜ヶ崎医療連絡会議

抗義声明
 2008年6月13日から6月17日まで、釜ヶ崎で日雇労働者は西
成署を糾弾する闘いに起ち上がった。結果的に暴動という形
態で起ち上がった日雇労働者らによる闘いに対し、大阪府警・
西成署は、大量の機動隊と高圧放水車により、徹底的に力で
封じ込めようとした。この結果、機動隊の隊列の中に引きずり
込まれて、リンチを加えられた労働者や、高圧放水車の放水
により、肋骨を骨折したり放水を右目に受け、手術を受けなけ
ればならないほどの重症を負った労働者も現れた。そして、大
阪府警・西成署は18人の労働者を「公務執行妨害」の容疑等
で現行犯逮捕し、釜ヶ崎地域合同労働組合(釜合労)の稲垣
浩委員長も、6月18日に、「道路交通法違反」の容疑で令状逮
挿された。さらに現段階(=2008年6月27日現在)では、すでに
4人の労働者が起訴されるに至っている。私たちは、大阪府警・
西成署によるこの弾圧を許さない。そして同時に暴動という形
態で起ち上がった日雇労働者らを支持する。
 今回の日雇労働者らによる西成署を糾弾する開いは、労働
者Aさんの訴えが発端となった。2008年6月12日の夕方、Aさん
が飲食店での出来事から西成署に連れて行かれ、そこで警察
官によって暴行を受けたというのだ。
 翌日の2008年6月13日、Aさんから相談を受けた釜合労は西
成署前での抗議行動を行った。釜合労が抗義行動を行うと、続
々と日雇労働者らが西成署前に集まり、抗議行動に合流。そし
て労働者は、暴動という形態で西成署を糾弾する闘いに起ち上
がったのだ。この労働者の闘いに対し、西成署は「(Aさんへの)
暴行の事実はない」というコメントを発表したのみで、後は、大量
の機動隊と高圧放水車までをも動員し労働者の闘いを圧殺しよ
うとしたのだ。
 多くのマスコミもまた、警察の発表を鵜呑みにして、あたかも釜
合労が、今回の労働者の闘いを扇動したかのような報道を続け
ているし、現場に駆けつけた若者らを「騒動に便乗する若者」と報
じ、労働者と若者を分断しようとしている。しかしながら、西成署に
よる労働者への暴行は、釜ヶ崎において決して「突出」したことで
はない。
 2004年12月の西成署内における労働者への暴行事件(この時
の抗議行動でも後日稲垣浩さんが逮捕された)、釜ヶ崎内15ヶ所
に設置された西成署と直結する監視カメラの存在、西成署内で労
働者を指す「450(汚れ)」という隠語、シノギ(蕗上強盗)にあって西
成者に駆け込んでも「お前が悪い」と追い返す警察官…。こういった
日々警察から受ける侮蔑と蔑視、さらには、ゼネコンを頂点に手配
師・人夫出し業者を末端とする重層的下請構造の最下層で、資本の
意のままに使い捨てられる労働力として存在させられている現実の
中で、西成署前に集まった労働者らはAさんへの暴力事件を「我が
事」と受け止め、自らの意思で、資本=支配権力の象徴とでも言う
べき西成署を糾弾する闘いに起ち上がったのだ。
 又、「騒動に便乗する若者」とあるが、若者たちが労働者と共に、
連日に渡って、西成署糾弾の闘いを続けたのは、若者たちが、今、
置かれている状況も、例えば派遣労働に象徴されるように、その
本質において釜ヶ崎日雇労働者と同じものである事を、敏感に感
じ取ったからではなかろうか。
 私たちは警察による弾圧を許さない。暴動という形態も含めて、
西成署を糾弾する闘いに起ち上がったすべての人々を支持する。
大阪府警・西成署は暴行を加えたすべての労働者に謝罪し、1人
1人にきちんと補償を行え!警察・検察・裁判所は、逮捕し起訴し
た仲間をすぐに釈放せよ!


このような抗議声明があります。
この集会は、不当逮捕された方々の事が中心になっているかもしれません。

元々の原因である労働者のおっちゃん達が置いてけぼりで話が勝手に進んでいないかが俺には心配です。
いつもいつも泣きを見るのは弱い人間達です。

話がおかしな方向になっていなければ良いのですが.........

それでは、また。

P.S アメリカ話は、SOUICHIのレポートがDOLLに掲載されます。
なので、俺はちょこちょこ思い出したら書くかもってな感じで。
写真も携帯のなんで.......ね(笑)


[2008/07/04 12:51] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。